Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 601 to 620 of 1023)
(showing articles 601 to 620 of 1023)

Channel Description:

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

older | 1 | .... | 29 | 30 | (Page 31) | 32 | 33 | .... | 52 | newer

    0 0

     今回の目的は大山では無くてこの近傍の山から見る富士山と赤い星雲だったのだが、前日の夕方に神奈川県秦野市に到着した頃には空に雲が広がってしまい、星空の撮影は難しくなってしまった。目的地を大山に変更して早朝5時に起床して準備し、出発しようとしたのだが、下調べが不十分でヤビツ峠からの登山道入り口がわからない。GPSを片手に登山口まで行くが、そこにある道標には大山を示す表示が見当たらない。蓑毛側の下山道に進んでみると少し行ったところに左の尾根に登る道が分岐しており、それを登ると大山に至る尾根に乗り上げた。下山してきてからわかったのだが、登山口はバス停のすぐ後ろに立派な道がついており、暗い中を探したのでまさかそんなところに登山口があるとは思わなかった。

     出発したのは5時45分ごろになってしまう。道路が凍結していたので最初から軽アイゼンを装着して登ったが、中腹の標高1,000m弱のあたりまではさほど凍った箇所は無かった。日の出の頃に富士山展望地まで登りたかったのだが、もはや間に合いそうもない。


        ヤビツ峠の上にある展望地から見下ろす秦野市の夜景。


        樹林帯の中で夜が明けてしまう。木の隙間から見る朝焼けの富士山。


        1時間15分ほど歩いてようやく富士山が見えるところまで登って来た。二ノ塔・三ノ塔の尾根越しに大きな富士山が立つ。


        朝焼けの時間には間に合わなかったが、迫力は十分。ここから先は三脚を担いだまま登る。


        富士山の反対側には秦野市の町と相模湾、右手には伊豆半島が見える。


        凍り付いた雪道だが、トレースはしっかりと付いていた。

     大山ケーブルカー側からの登山道に合流する少し手前で、ようやく富士山がすっきりと見渡せる展望地に出た。丹沢主脈尾根の向こうに見える富士山の景色が素晴らしい。


        塔ノ岳から丹沢山、蛭ヶ岳に至る丹沢主脈尾根と富士山。


        御坂山塊や毛無山とは全く違う眺望の富士山だが、意外と近く見える。


        鳥居をくぐる。


        その先にも富士山の眺望。周辺の木々が若干邪魔だが、紅葉や樹氷になっていれば・・・。


        阿夫利神社


        神社の脇から振り返れば富士山の眺望。


        山頂の大木と朝日に輝く相模湾


        大山山頂


        山頂を越えてその向こう側にある電波塔。


        電波塔の向こう側はこれまた素晴らしき丹沢の山並と富士山の眺望。


        三ノ塔と富士山


        立ち位置を変えて山頂に立つ木と富士山


        塔ノ岳と尊仏山荘


        蛭ヶ岳山頂は樹氷になっている。あそこまで行けば更なる絶景が広がっているだろうが・・・遠過ぎる。


        200㎜望遠レンズで見る富士山。このくらいの大きさならば、富士山と星を撮影するには十分。あとは位置的な問題だけ。

     今回の目的はまだ登ったことが無かった大山に登ってみたいということもあったのだが、それよりも今後に向けて富士山の眺望と大きさ、さらに展望地のGPS座標を確認しておきたかった。目的は十分に達成できたが、それ以上に素晴らしい眺望を楽しむことが出来た。これだけ富士山から距離が離れると、夕暮れのダイヤモンド富士はきっと真っ赤な夕陽が沈んで行くのだろう。時間と機会が合えば訪れてみたい。そして富士山の上に輝くであろうあの赤い大星雲も、いつかは撮影してみたい。



     


    0 0

     丹沢のヤビツ峠までやって来た本来の理由はこの岳ノ台から見る未明の富士山だった。この山の上から見ると、富士山のほぼ中央の位置にあのオリオン座大星雲が沈んで行き、距離的にもヤビツ峠からさほど遠くない(はず)なので追尾装置や天体望遠レンズ等、機材を担ぎ上げるにも都合が良い(と考えていた)。未明2時ごろに富士山頂にオリオン座大星雲が沈んで行くので、ヤビツ峠を深夜12時に出発する予定だったのだが、日没を過ぎた頃から空に雲が出て星が見えなくなり、中止となってしまった。

     しかし岳ノ台までそう簡単に行けるものなのだろうか?それと、座標がきちんと合っているのだろうか?望遠レンズで星や彗星を狙う際は位置のずれは致命的になることがある。さほど疲れてもいないことだし、時間もまだ早いし、大山から下山してそのまま岳ノ台まで行って確認してみることにした。ネット上の記事では菩提峠まで縦走して周回するコースで2時間くらいと書かれていたので、山頂までは1時間はかからないだろうと見ていたのだが、さてどんなものか?


        岳ノ台入り口。ハイキングコースと書かれているが、いつも騙されるこの「ハイキング」という言葉。なんとなく不安がよぎる。


        階段になったコースを登って一旦平らになってまた登り。上に建物が見えたので、思ったより近いなとこの時は思った。


        東屋に到着。しかし、周辺を見回しても富士山の眺望が無い。何で???

     20分で東屋の立つピークに到着した。ここが目指す岳ノ台だと信じていた私は、思ったより近いなと思ったのだが、おかしなことにこのピークは樹林帯の中で眺望が悪く、富士山が全く見えない。GPSを取り出して位置を確認すると、ここは岳ノ台にに向かう途中のピークで、まだ半分くらいしか来ていないことがわかる。その先の道はグッと下ってその向こうに見える山の先に岳ノ台山頂がある。だいぶ心が折れて帰ろうかと思ったのだが、時刻はまだ10時半で、時間はたっぷりある。スローピッチでとにかく行ってみることにする。


        コルにぐっと下って向こうに見えるピークの裏側が岳ノ台山頂。


        直登では無くて草地の中を右に巻いてその向こうの緩い尾根を山頂まで登る。


        トレースはあるが、日陰の斜面は雪が積もっていて簡単には登らせてくれない。


        山頂到着。ゆっくり歩いてきたが、それでも入り口から50分ほどで到着できた。


        下が休憩所、上が展望台になっている、良く出来た建物。


        展望台から見る富士山。周辺の木が邪魔になって決して眺望が良いとは言えない。


        ズームをかければ富士山とオリオン座大星雲の撮影には問題無いが、そのほかに撮るものがあまり無い。


        早朝登った大山はすぐそこに見える。

     場所的に丹沢の山並から相模湾の夜景までぐるりと見渡せる場所かと思っていたのだが、期待したほどの眺望は得られなかった。広角レンズで星空と山並を撮影するならばやはり大山まで登らないとダメなようだ。眺望を確かめてGPSログを記録して小休憩して下山した。


        帰り道の登り返しは辛いので、林道をちょっと短絡させていただきました。

    0 0

     昨年朝霧高原で再三割れるダイヤモンド富士に挑戦し、かなりの高確率で剣ヶ峰で2つに割れるダイヤの撮影は成功するようになった。昨年集積したデータを再度解析して、おそらく割れるダイヤの撮影はさほど難しくないはずだが、ティアラとなると富士山との距離の問題があり、もう少し検討する必要がある。

     本日狙うのも剣ヶ峰で割れるダイヤだが、虫林師匠が虫を撮影するために購入したコ・ボーグ36EDという天体望遠レンズを半年前から借りており、これに改造絞りやスリムフラットナーという収差補正レンズなどを搭載してようやく撮影が出来るような装備になった。このレンズは焦点距離200㎜(スリムフラットナー装着すると220㎜になる)だが、レンズの構造が単純なのでフレアが出にくいこと、そして現在使っているCanon70-200mmレンズに比べてきわめて軽いということである。このレンズが使えるなら200㎜望遠はこちらに変えて荷物の軽量化が可能となる。しかし、いくつか不安があり、装備を加えたことで鏡筒の長さが変わり、ピントが合ってくれるかどうかが心配だった。職場で試したところでは大丈夫そうだが、実際はどうなのか?

     ダイヤの時間は7時50分ごろなので6時半ごろに自宅を出発。20分前くらいには到着できるだろうと思ったのだが、思ったよりも市街地の車の流れが悪いうえに、精進湖線で前を大きな工事関係の車が走っており全くスピードが上がらない。結局ダイヤの10分前到着となってしまい、急いでまずコ・ボーグレンズを装着したカメラをセットする。ピントを合わせようとするが、想定していた通り富士山までの遠距離だとピントが合わない。止む無し、せっかく六角形の星型に光芒が出るように細工した絞りをはずしてようやくピントが合った。さらにティアラ狙いでもう1本のカメラに600㎜を装備しようとしていると、隣で三脚を立てていたカメラマンが連写し始めた。富士山を見ると、もうキラリと太陽が出始めてしまっていた。タイミングが遅れながらも、コ・ボーグ装着したカメラのシャッターを切りまくり、もう1台は時間に間に合わずあきらめた。


        改造絞りを外してピントが合ったコ・ボーグ36EDレンズ。解像度は問題無し。


        もう1台のカメラを準備しているうちに太陽が現れてしまい、慌ててシャッターを切る。まずは左から光が出現。


        次のカットでは右からも光が出現して、剣ヶ峰で割れるダイヤモンド富士の撮影に成功。


        しかし絞りが入っていないので、チカッというダイヤでは無くてだらりと光が出てしまう。


        予想通り、フレアやゴーストはあまり出ないようだ。


        光が強くなると、全く出ないというわけでは無い。このような赤い色が出るのが不思議である。

     昨年蓄積したデータが役に立って三脚1本だけでも割れるダイヤの撮影は出来るようになった。今回使用したコ・ボーグ36EDレンズは鏡筒の長さを工夫するか、あるいは鏡筒の中に細工を加えるなどの工夫をして、チカリと六角形に輝くダイヤの撮影に再挑戦したいと思う。

    0 0

     月例27の細い月が早朝に昇って来るこの日、以前から訪れてみたいと思っていた本栖湖と富士山の展望台、中ノ倉展望台に登ってみた。

     富士山の裾野から月が昇って来るのが5時20分ごろ、5時に本栖湖駐車場に到着できるように自宅を4時前に出発し、予定通りに到着したまでは良かった。準備していざ登ろうという時に前日歓送迎会で食べ過ぎて強烈な腹痛を起こす。急いでトイレに駆け込んで出てくれば、もう月が昇って来ている。キラキラと輝いていた星も薄明の空に消え始めていた。急いで展望台に登るが、思っていたよりもこの展望台は遠く、到着した頃にはもう月は地球照の時間を過ぎてしまった。


        中ノ倉展望台の途中で見る細月。月が昇り始める前は星空が綺麗だったが、この時間にはもうだいぶ消えてしまった。右上の木の間に輝くのがさそり座アンタレス。


        同じ場所から見る富士山と地球照の月。


        20分ほどで中ノ倉展望台に到着した。最上段から見る本栖湖と富士山。月は富士山より高い位置まで昇っていた。


        展望台は階段状に数段撮影地が整備されている。一番下の段からだと木に邪魔されず本栖湖全体が見渡せる。


        地球照の時間はもう終わっていた。


        光の筋が現われ、もうすぐ日の出。


        富士山の裾野から朝日が昇る。


        別の位置から見る日の出


        後ろ側には白根三山が見える。

     予定ではもう少し早い時間に到着して星空の撮影も考えていたのだが、毎度のことながら朝は弱く時間に間に合わなかったうえに腹痛も重なって星の輝く時間には到着できなかった。そろそろ夜明け前に天の川が見えてくる時期となる。いつかこの場所から再挑戦してみたい。足早に下山して次の撮影地に向かう。

    0 0

     前日も朝霧高原を訪れて剣ヶ峰で割れるダイヤモンド富士を狙ったが、到着時間が遅かったうえに改造絞りを搭載したコ・ボーグ36EDの焦点が合焦せず、カメラのセットが完了しないうちに太陽が昇ってしまった。職場に戻ってから鏡筒の長さを調節し、甲斐駒ケ岳を試写してみてほぼ合焦することを確認して今回の撮影に臨んだ。うまく調整できていれば六角形の光芒が出るはずである。

     中ノ倉展望台から下りて急いで朝霧高原の撮影地に向かう。太陽が現れるまでの時間は15分しか無く、GPS片手に座標点を探して急いでまずコ・ボーグをセットする。今度はきっちりとピントが合う。さらにもう1台、ボーグ67FLにエクステンション装着して600㎜にしたレンズ装着してセット。ちょうどセットが終わったと同時に剣ヶ峰から太陽が現れ出して、急いでシャッターを切り始める。


        600㎜レンズセット完了。剣ヶ峰が光っていると思ったら直後に太陽が現れた。


        光が4つ出ている。位置的にはあと3~5m右で良かったかも知れない。


        この日は雪煙が少なく好条件だった。この時点で右側から光が出て欲しかった。


        光が融合、そして・・・


        右側からも光芒が出現。剣ヶ峰右側の凹凸でも細かく光が割れる。


        二つ割れのダイヤモンドはこれで成功。この時には左側の凹凸からも小さく光芒が現われている。


        左右の光が融合。


        こちらが新たに使い始めた改造絞り搭載したコ・ボーグ36EDレンズ。見事にキラリと輝く六角形の光芒が出た。


        小さく2つ目のダイヤの輝きが出現。


        たぶん、もう光が融合しているのだろうが、見事な六角形ダイヤが2個。


        もう完全に融合している。

     以前にもボーグ67FLレンズのほうで六角形改造絞りを装着してみたことがあったのだが、その時はシャープな六角形にはならず、ダラリとした光になってしまった。今回はまかいの牧場付近で月光ダイヤモンド富士撮影の際にお会いしたティアラの達人からアドバイスをいただいて改造を施してみた。見事な六角形光芒にはなったが、やや不自然なようにも見えなくは無い。この日は輝くダイヤ撮影には好条件が揃ったのでこのような大きな光芒が出たが、いつもこうとは限らないので、光が弱い時にはちょうど良い光芒になるのかも知れない。しばらくはこの絞りを使ってダイヤを追いかけてみたい。


        本日の撮影地からのダイヤモンド富士。


        雪原を照らして昇るダイヤもなかなか良い。 

     剣ヶ峰で多重に割れるダイヤモンド富士、ティアラの撮影までだいぶ迫ってきたように思う。あとは運試しのようなものではないだろうか。    

    0 0

     昨年から蓄積したデータがあるので、朝霧高原からだと天候条件さえ良ければおそらく確率的に90%以上で剣ヶ峰で割れるダイヤモンド富士の撮影は可能なレベルに到達した。しかしティアラと呼ばれる多重分割はなかなか難しい。前回のデータを解析して今回はその時よりもやや右寄りのポジションでダイヤを狙ってみた。行き先は富士宮道路沿いよりも若干距離を離して、東海自然歩道沿い、A沢貯水池の近傍である。


        本日の撮影地。雪原の向こうに富士山が見える。


        しかし、この日は霞が多く、チカッと光芒が出るダイヤの撮影は難しい。


        600㎜レンズセット完了。


        左右ほぼ同時に光が現われ出した。


        右が3分割、右が2分割くらいになっていると思うが、この日は空の霞のため光り方が弱い。


        さらに左にはもうひとつ小さな光。


        剣ヶ峰の真ん中に太陽の頂部が現われたが、この日は輝いてくれなかった。


        もう融合している。


        こちらが220㎜コ・ボーグレンズ。ピカリと六角形の光が2個出現。


        さらに右側に小さな光がもう1個。


        あっという間に終了。


        雪原を照らすダイヤモンド富士

     位置的にはあと3~5m左寄りで良かったのではないかと思う。しかし、ここまで来るともはや運試しというよりもどこまで割れて満足するかという問題になってくるような気もする。ティアラの達人の話では、富士山に出来るだけ近付いたほうが撮り易い(多重分割しやすい)と言っていたが、そう言われるとへそ曲がりな私はもっと距離を離して撮ってやろうと思ってしまう。まだしばらくはこの界隈のダイヤ撮影の機会があるので、さらに追跡してみたい。

     天気も良いことだし、今後の撮影地偵察を兼ねて、まだ歩いたことが無い根原界隈の東海自然歩道を散策してみることにした。


        A沢貯水池は飲料水を貯めているので、人の立ち入りは禁止されている。しかし、心無きカメラマンの仕業か、フェンスにはところどころ穴が開いている。


        その穴から撮影している私もゲスカメラマンの一人だろう。


        以前から訪れてみたいと思っていた根原吊り橋。


        お~っ、これは・・・意外とショボい。


        吊り橋を入れて富士山が撮れないかと場所を探したが、良い場所は無い。


        草原からの眺望


        護岸工事現場からの眺望


        良く出来ている東海自然歩道。しかし、折角作ったのに歩く人がどれだけ居るのか?


        分岐点に出て、こちらは朝霧高原道の駅に至る道。抜群の富士山の眺望だが、残念ながら一般車はこの場所には入れない。


        朝霧高原道の駅に至る途中で左に入る。この界隈はどこからでも富士山の眺めが抜群。


        高台に登る。カシワの木と富士山


        廃屋と富士山

     ふもとっぱらに至る中間点あたりで折り返して根原の駐車場に戻った。2時間半ほどの散策だった。朝霧高原道の駅の西側は広大な草原が広がり、抜群の富士山の眺望が得られることが分かったが、残念ながら一般車は入れないのでもし撮影に行くならば歩いて行かなければならない。とはいっても、30分も歩けば良い場所が確保できる。



       

    0 0

     秋の雨ヶ岳ダイヤモンド富士はカメラの設定を失敗していまいちのダイヤモンド富士になってしまった。今回はリベンジ。雲海が出たうえに手ごろな雲も流れて、このうえないダイヤモンド富士を堪能してきた。


        雲海に浮かんだ朝富士


        ダケカンバ越しのダイヤモンド富士。今度はきっちりと。


        雲海を照らす朝日


    0 0

     予定ではこちらでは無く、その上にある天子ヶ岳だったのだが、午後2時に田貫湖湖畔に到着すると富士山には真っ黒な雲が巻いており、様子を見ていたら小雪が舞い始めた。とりあえずは林道を進んで天子ヶ岳の登山口まで行ってみたが、その頃にはかなりの雪が舞い始めてしまう。さすがにこの天候では山に登る気にはなれず、ひとまずは朝霧高原道の駅まで撤退して様子を見ることにする。午後4時を過ぎた頃に雪は止んで青空が広がり始めた。これならばひょっとしたら・・・淡い期待を抱きながら、登らなかった時のために準備しておいた撮影地に向かう。1ヶ所は田貫湖、しかし、田貫湖では月の出が日没から15分ほど過ぎた時間でやや遅いうえに、いちばん左に寄った位置でも月は山頂から右に外れてしまう。もう1ヶ所は朝霧高原YMCAのある牧草地だが、ここだとさらに富士山に近付くため、月の出の時間がさらに遅くなってしまう。ここは位置がずれるのを覚悟のうえで、ダブルパール狙いで田貫湖の休暇村前の展望所に向かう。

     5時に到着すると、いつもならば大混雑するはずの場所なのに先客は一人だけだった。天候が悪かったのであきらめた人が多かったのだろう。だいぶ富士山は姿を現してはきたが、まだ山頂付近には大きな雲がかかっている。月の出まであと30分ほど、果たして富士山は姿を現してくれるのか?


        残照の富士山には雲が巻いている。あと20数分で月が昇って来るはずだが、富士山は姿を現してくれるのか?


        5時22分ごろの富士山。残照に雲が赤く染まっているが、天子ヶ岳に登っていればこの頃に月が昇って来たはず。しかし、この雲では月の出は望めなかったであろう。


        5時30分を過ぎた頃に雲が次第に小さくなり、ついに富士山頂が姿を現した。


        5時36分、月が昇り始める。予想していたよりもさらに左から出た。

     5時に撮影地到着した頃には、富士山が出ればラッキーというような、ほとんど諦めていた感じだったのだが、月の出の数分前に遂に富士山頂が姿を現した。そして眩しいほどに輝く月が姿を現した。


        富士山頂の左脇から月が姿を現した。


        日没から20分ほど経過しており、月の紋様は写らないが、眩しいほどに輝く月が出た。


        雲巻く月  雲が巻いても全くものともしない月の輝き。


        この時間には風も収まって、湖面にもパール富士が映る。


        田貫湖のダブルパール富士


        富士山頂に輝く月


        雰囲気を変えて木を前景にして撮影し、本日のパール富士は終了。

     帰宅する途中で恒例の精進湖に立ち寄った。この日は天候が悪かったせいが、珍しく湖畔に車が止まっていない。若者が一人だけ、湖畔でタイムラプス撮影を行っていただけで他にはカメラマンは居ない。そして、まだ誰も踏んでいない降りたての雪が月光に照らされて白く輝いていた。精進湖湖畔でこんな踏まれていない雪を見るのは初めてだ。


        月光照らす雪の精進湖湖畔


        雪の積もるボートと月光の子抱き富士  富士山の上に輝く星はおおいぬ座シリウス。

     天子ヶ岳に登れなかった(登らなかった)ことには悔いが残るが、まさかの天候の変化は全く予想が出来ず、止むを得なかったかと思う。綺麗な月だったが、なんとなく山の上からの景色でないと物足りなさを感じてしまう。登れるうちはできるだけ上から・・・と気だけは逸るが、気力も体力も根性もずいぶん減退したように感じる年頃になってきたようだ。

    0 0

     本命は翌朝のパール富士で、夕方箱根まで移動する予定であるが、その前に夕暮れのパール富士を撮影してから出かけようという魂胆だった。しかし、富士山ライブカメラ映像を見る限りでは富士山には雲がまとわりついていて、姿を現す公算は低い。かつ、ボーグレンズの改造絞りを昨日の田貫湖パール富士撮影の際に正常な状態に戻したため、再度改造絞りに細工する際に誤って絞り羽根を破損してしまい、その修理に多大な時間を要してしまい、出発時間が遅れてしまった。目的地は昨日と同じく田貫湖だが、対岸の位置である。

     朝霧高原から見上げた富士山はまだ雲が巻いていて姿を現しそうもない。田貫湖の近くまで行ってみたがやはり富士山は中腹から上に雲が巻いていて山頂は見えそうも無く、あきらめて富士宮道路に戻って東名高速のインターに向かう。ところが、まかいの牧場で富士山を振り返ると、雲が晴れ始めて剣ヶ峰が見えてきた。しかし、もはや田貫湖まで戻る間に月が昇ってしまう。道を戻って、剣ヶ峰から月が昇って来そうな場所を勘で探して三脚を立てる。5分ほどで月の出を迎えたが・・・。


        15分前までは雲が巻いて見えなかった剣ヶ峰が見えるようになってきた。雲の光り方と自身の勘で、剣ヶ峰から月が出るのはこのあたりだろうと山を張って三脚を立てる。


        剣ヶ峰の周辺が輝き出し、良し!と思ったが・・・


        月が出たのは剣ヶ峰から右に外れた位置。完全に外した。


        残念。本日のパールは失敗。


        富士山の全容が写らずとも月光に剣ヶ峰のシルエットが映れば絵になると思ったが、GPS位置登録無しで勘で撮るのは難しい。


        富士山から月が離れて行く。


        雲で減光されて月の紋様が少し見える。

     この日はすっかり日が暮れた午後6時40分過ぎに富士山頂付近に月が昇って来るため、富士山の姿を見せながら月を撮ると月の光は拡散してしまい、ダイヤモンドパール富士になってしまう。月の紋様が現われるように撮影すると富士山の姿は真っ黒になってしまうので今回狙ったのは剣ヶ峰の真裏に月を出して月の中に剣ヶ峰の建物がシルエットとして映るパールだったのだが、位置が完全に狂ってしまった。やはりこのような撮影はGPSに頼らないと難しいことがわかる。

     明朝の同じ月が富士山に沈んで行く光景を思い浮かべながら、箱根に向かって移動する。



            

    0 0

     この日の矢倉岳パール富士は計算上は日の出から5~10分後に月が富士山に沈んで行く絶好の時間帯で、天候が良ければ紅富士が期待できる。仲間を誘って出かけることとなった。

     前日の夕方はパール富士の撮影に失敗して少しばかり気分がへこんだが、夜8時ごろにはすっかり雲が晴れて月光に照らされた富士山が浮かび上がっていた。足柄サービスエリアで車中泊するつもりで立ち寄り、夕食を済ませコンビニに立ち寄って明日の食料を買い込む。ふと見ればその横に銭湯があった。中に入ってみるとさらに驚いたことに宿泊施設(ホテル)が併設されていた。フロントで料金を聞くと、5時間までだと3,000円、1泊だと6,000円だと言う。どうせ未明2時半に出発だから、5時間でちょうど良い。部屋も空いていたのでこのホテルに泊まらせていただくことにした。

     未明2時半に起床して4時前に矢倉岳登山口の万葉公園駐車場に到着した。のぞむ先生のものと思わしき車が止まっており、一旦はその脇に車を止めたが、まだ寝ていると邪魔になるかと思い隣の駐車場に移動して支度を整える。コースタイムは1時間10分ほどらしいが、荷物が重いうえに歩いたことが無い道、かつ雪もあり、途中の撮影時間も考慮すると2時間は見ておいたほうが良い。準備が整い出発しようとすると、先ほどの車からのぞむ先生が起きてきた。ちょうど私に電話をしようと思っていたところらしい。鈍足の私は4時過ぎに一足先に出発させてもらう。


        途中から見る月光の矢倉岳。思ったよりも遠くに見える。しかも、ここからかなり下って登り返しになっている。


        矢倉岳中腹から見る月と富士山。雲ひとつない好天、この時点で本日のパール富士はいただき、と確信。


        矢倉岳直下の展望地から見る富士山。下の尾根が若干邪魔になるものの、まずまずの高度感。


        山頂到着は6時10分ごろ。ほぼ予定の2時間だった。もう明るくなってきており、この頃にはヘッドライトは不要になる。


        夜明けの相模湾。山頂では既に4~5人のカメラマンがスタンバイしていた。

     ポジションは山頂の矢倉の上がベストかと思っていたが、矢倉は撤去されていて立っていなかった。山頂でも良いのだが、ここからでは折角の御殿場の町灯りが見えない。登山道を少し戻って町灯りが見える位置まで移動して、そこで2台のカメラをセットする。折角担ぎ上げたボーグ300㎜レンズだったが、パールになる山頂だけ切り抜くよりもこの高度感を生かしてやや広角気味の撮影のほうが良いと考え、この日のボーグレンズの出番は無かった。


        御殿場の町灯りが見下ろせる位置でカメラをセットする。しかし、もう明るくなっていて、町灯りはほとんど消えている。


        綺麗なアースシャドウが出た。富士山頂にはもう朝日が当たり始めている。


        その少し前の時間。アースシャドウの富士山と月。


        朝日に染まる富士山頂と月。感動的な景色が広がった。


        同上。月は山頂から外れているが、これだけの景色が見られれば十分。


        紅富士と月


        パール紅富士  真ん中からは外れたが、これだけ綺麗に染まった富士山と月を見るのは初めてだ。


        同上。


        富士山頂に月が沈んで行く。

     実に感動的な景色だった。腹いっぱい、という気分だった。朝霧高原から見るパール富士も悪くは無いのだがこのような満足感を得ることは出来ない。低山とはいえ、やはり山の上からの景色は最高である。このような景色に出会えるからこそ、何度失敗してもまた山に登るのである。


        本日は大成功!山頂でポーズ。

     腹いっぱいで下山したが、例のごとくガスト山に立ち寄り、今度は本当に腹を満たしながら次回の作戦会議を行った。次回3月のパールはさらに距離を離してさらに難しい撮影に挑むが・・・晴れてくれることを祈る。

    0 0

     昨日の夕暮れパールは失敗したが今朝のパール富士は大成功、これで十分に満足だったのだが、昨日の失敗したパールが心にひっかかっていた。このまま失敗したままでは終われない。今回を逃すとまた1ヶ月先になり、晴れる保証も無い。職場に戻ってパソコンに向かい、本日の月の昇る位置をカシミール3Dで計算する。太陽と違い、気まぐれな月は昇って来る位置が1日で何百メートルも移動し、しかも時間が1時間ほど遅くなる。本日は富士宮道路沿いは樹林の中で展望得られず、猪之頭の農道沿いならば撮影が可能かも知れない。しかしそこは立ち寄ったことが無い場所、確実に展望があるかどうかもわからない場所だ。しかも未明2時半から起きているのでかなり眠い。

     富士山ライブカメラをチェックすると夕方5時の時点では山頂に雲が巻いているが確実に小さくなりつつある。富士山頂に月が現われる午後7時40分ごろには晴れている可能性がきわめて高い。眠気覚ましにリポビタンゴールドを飲んで出陣する。


        こちらは200㎜コ・ボーグ。六角形の光芒が出るように絞りを改造してある。剣ヶ峰が輝き出し、もうすぐ月の出。


        こちらはボーグ300㎜にエクステンダー2倍を装着し、600㎜で月光ティアラを狙う。八角形の光芒が出るように絞りを改造。


        出た!が、予想していたよりも右から出た。


        月は出たが、残念ながらこの撮影設定では八角形の光芒が出なかった。Borg67FL(300mm F4.5)+Extender×2, Iso3600, 3.2sec, 改造絞り使用


        次のカット。シャッタースピード3.2秒ではティアラは最大で2カットしか撮れない計算になる。これ以上シャッタースピードを長くは出来ない。


        もう1台のコ・ボーグは一応割れているように見えなくもない。 200mm f5.6, 3.2sec, 改造絞り使用


        立ち位置次第で割れたと思う。左の光跡は飛行機。

     ここで剣ヶ峰の裏側に昇る月と剣ヶ峰のシルエットを撮影するため、片方の三脚とカメラを持って40mほどダッシュして位置を移動、急いで三脚をセットしてシャッターを切る。こんなことをするならば、サンダルじゃなくて靴に履き変えておくんだった。


        ダッシュして位置を変えて剣ヶ峰と月を撮る。しかし、焦って完全に露出オーバー。


        Iso感度とシャッタースピードを調整して再写。しかしスローシャッターは免れず、画像が若干ブレてしまう。    
        

        もう1カット、その時にはもう月は剣ヶ峰から外れている。

     さらに20mほどダッシュしてカメラを構えたが、その時にはもう月は富士山から離れてしまっていた。

     課題山積みの割れる月光ダイヤモンド、さらに月光ティアラ撮影、1度や2度でうまく撮れるとは鼻から思ってはいないが、まずカメラの設定とレンズの絞り改造に工夫が必要である。Iso3200、シャッタースピード3.2秒では明らかにシャッタースピードが遅すぎる。出来れば1秒くらいで切りたいが、そうするにはノイズが出るのを覚悟でIso感度を6400まで上げるか、あるいは改造絞りをもう少し開けるかの工夫が必要となる。どのくらいでベストな撮影が可能となるかはこれからデータを積み重ねて解析して考えなければならない。うまく撮れるのかどうかも全くわからない状態ではあるのだが、このようにいろいろと考えながら撮影に臨むことはこのうえない楽しさがある。        

    0 0

     未明3時から意を決して登ったが・・・


        ダイヤまであと45分ほど。急がねば。


        今年は雪が少ない。


        ポジションはぴったりだったと思うが、雪煙に邪魔され・・・


        残念。割れてくれなかった。


        とりあえずは剣ヶ峰から昇るダイヤモンド富士。

     苦労して登ったからと言ってうまくは行ってくれないもの。詳細は後日。

    0 0

     前日の無謀な未明からの登山で疲れ果て、8時半にはもう寝てしまった。そして目を覚ませば早朝5時。富士山ライブカメラをチェックすると、若干雲がかかっているもののすっきりした富士山が月光に照らされて見えている。改良したコ・ボーグ36EDの絞りも、そしてデジボーグ67FLの新たに作った交換式絞りも昨日は雪煙が出てしまって効果が試せていない。折角目が覚めたことだし、疲れもあまり残っていないし、朝霧高原まで出かけてみることにした。

     本日の剣ヶ峰ダイヤモンド富士の場所は朝霧高原道の駅付近だ。珍しくカメラマンは誰も居ない。あるいは道の駅に併設してある公園あたりに居たのかも知れない。登録してあったGPSの座標点ほぼぴったりのところで2台のカメラを構える。


        デジボーグ67FLにエクステンダー装着し600㎜望遠で狙う。絞りを改良して交換可能なものにして、レンズやや後ろ側に装着した。


        シャッタースピード 1/3200秒、Iso100でこの程度。以前の絞りとあまり変わらない明るさだ。


        光が現われた。位置はバッチリ、と思ったが、雪煙に邪魔されてまたしても輝きはいまいち。


        うまく八角形には光芒が出てくれているようだ。


        しかし、若干立ち位置が左だったようで、太陽のピークは剣ヶ峰に立つ塔よりも若干左に寄ってしまった。右手のデコボコで光が多数に割れている。


        あと少しで納得の行くティアラが撮れそうに思うのだが、位置だけでなく天候の条件も難しく、なかなかその一歩が進めない。


        こちらがコ・ボーグ36ED。フラットナー搭載し、220㎜レンズ。六角形だったものを八角形の光芒が出るように改造し直した。


        シャッタースピード 1/4000秒、Iso100でこのくらい明るく写るので、もう少し絞りを強くして良さそうだ。

      
        八角形の光芒はきちんと出ているように見える。


        しかし、やはり雪煙に邪魔されて光り方はいまいちだ。

     絞りの改造はこれで良さそうで、同じような方法で月光ダイヤモンド富士も絞りを交換する方法で撮影が出来るようになるのではないかと思っている。ティアラは何度やってもうまく行かないがそのうちヒットするのではないかと思っている。4月下旬にアマチュア(といってもプロのような方だが)をお呼びして職場での音楽界&上映会を計画して準備を進めている。それに向けて、納得の行くティアラを撮影して、画像をつなぎ合わせて動画で上映できればと考えている。12月から1月にかけて再三撮影に出かけた高下や竜ヶ岳の割れるダイヤモンド富士も同様である。うまく編集できるかどうか、3月に入ってから編集に取りかかる。当面は朝霧高原通いが続くだろう。

    0 0

     先日もこの山に剣ヶ峰で割れるダイヤモンド富士の撮影に訪れたばかりだが、その時は雪煙に邪魔されて失敗に終わった。今回狙うのは普通のダイヤモンド富士であるが、標高1,900mを越える御坂・天子山塊最高峰の毛無山からのダイヤモンド富士はまだ朝焼けが残っているうちにダイヤとなり、なんといっても目の前に聳え立つ富士山が大きく、より尖って見えるところが良い。

     前日は午後から雨となった。暖かい陽気だったので山上で雪になるかどうかは微妙なところだったが、夜から未明にかけては気温が下がって樹氷になる可能性がある。かつ、ぐずついた天候が回復してくる時は雲海が広がり易く、この日は絶対にチャンスだろうと見ていた。朝霧高原道の駅に午後7時半に到着すると、まだ小雨が降っていたが、気温は5℃以上あり暖かい。山の上はどうなっているのだろうか?明朝2時起きで出発する予定なので、食事をとってさっさと寝ることにしたが、翌日の準備やら車中泊の寝床の準備やらで手こずり、結局寝たのは9時半になってしまった。

     予定通り、未明2時に目覚まし時計で目を覚まし、軽く朝食をとって麓の毛無山登山口に向かう。3時前に出発できたのだが、アイゼンが入っていないのに気付き、戻って積み直したりしているうちに時間は3時15分になってしまった。ダイヤモンド富士になるのは午前7時ごろなので、もはや急がなければ間に合わない時間になってしまった。ただでさえ登るのに大変な山なのに、息を切らせながら必死で登ることとなる。9合目下の展望台に到着したのは6時20分、富士山の上に出た雲が赤く焼けてくれたが、三脚を出して撮影している余裕は無く、手持ちで撮って山頂に向かって急ぐ。


        9合目展望台の朝。富士山の上に出た雲が赤く焼けた。


        しっかり撮りたかったが三脚を出している時間的余裕が無く、手持ちで撮影して先を急ぐ。


        毛無山山頂。朝焼けはまだ残っているが、だいぶ薄くなった。ダイヤまであと20分弱。目的地は山頂の向こう側。

     樹氷になっていれば樹氷を入れて輝かせるような感じで撮りたかったが、昨日は山上も雨だったようで全く樹氷は付いていなかった。さらに、雲が無ければ雪原を前景にして撮ろうと思ったが、この雲では雪原が輝かない。ならば、高度感を優先させて裾野まで富士山が見える場所を選択し、山頂の向こうにある岩の上に乗って三脚を構えた。この場所だとダイヤが右に寄ってしまうのも承知の上である。


        本日は左手の岩の上に陣取る。


        ダイヤになる5分前に2本のカメラのセッティングが完了。毎度ながらギリギリの時間である。


        山頂の裏側が輝き始めた。


        雲の光り方から見てもう太陽が出ているはずだが、チカッという光は出ない。


        朝焼けの雲が少し残っていたところは良かったが、ダイヤの光り方はいまいち。


        思ったようなダイヤモンド富士にはなってくれなかった。


        もう1台の200㎜レンズのほうも薄雲に阻まれて威力は発揮できず。


        とりあえずは毛無山のダイヤモンド富士ゲットというところか。


        しかし・・・これでは全く満足できず。

     以前からこの山で狙っているダイヤモンド富士は雲海の上に出るダイヤモンドだが、未だに成功していない。今年は同じ山塊の雨ヶ岳でそれに近いものは撮影に成功したが、毛無山は雨ヶ岳よりも200m弱標高が高く、もっと凄い雲海の富士山が見られるのではないかと期待している。天候の回復してくるこの日を狙ったのだが、残念ながら今回のチャレンジは失敗に終わってしまった。チャレンジし続けていれば、いつかきっと見られる日が来ると信じている。


        毛無山山頂で大休憩する。なんともいえない敗北感がある。もう少し早く登り着いてあの朝焼けを撮っていたら、もう少し満足していたかも知れない。



        毛無山山頂。悔しいのでまた来ますよ。秋か、また来年。

     今年の毛無山は雪が少なく、例年ならば地蔵峠側のルートは谷沿いが雪が深く、かつ雪崩をくらう可能性があるので冬季は使ったことが無かった。しかし、今年のこの雪ならば大丈夫なのではないだろうか?地蔵峠側に行くトレースもしっかりとあるので、今回は地蔵峠ルートで下山することにした。


        地蔵峠上の展望地から見る富士山。なんとなく雲海っぽくなってきた。


        地蔵峠の富士山。ここにも雪は無い。


        富士山の上に雲が広がってきたが・・・笠雲にはならなかった。

     地蔵峠展望地で休憩していると、地蔵峠ルートからミスター毛無山さん、ことK田さんが登って来た。先日毛無山に登った時もお会いしたばかりだが、今回はルートが違うので会えないだろうと思っていたのだが、まさかのこちらのルートを登って来られるとは、出会ってお互いにビックリした。昨年はなんと毛無山登頂260回だそうだ。凄すぎる!!地蔵峠から先のルートが凍っているので気をつけるようにとアドバイスをいただき、地蔵峠からの下り口で軽アイゼンを装着した。


        地蔵峠。ここまでは雪が無いかあっても少しだけだった。しかし、この先の下りは・・・。


        雪だらけ。しかもかなり凍り付いている。


        カチカチのアイスバーン。雪が少ないとはいえ、アイゼン無しでは無事には帰れない。


        プチ氷瀑とプチアイスブルー


        こちらはなかなかの迫力。


        初めて見る冬の比丘尼の滝。K田さんの話だと昔は全面凍ったそうだが、今年はダメだそうだ。それでも迫力は十分。

     ダイヤモンド富士は思うようには撮れなかったが、凍る比丘尼の滝を見て少し気分が良くなった。いつかまたチャレンジ、いつかきっと凄い景色に出会えると信じている。


    0 0

     当初の予定ではこちらではなくて、富士見山の富士山展望台から見る月齢28の月を見に行く予定だった。前日富士川道の駅で車中泊し、予定通り深夜12時半に起床して未明1時半から登り始める予定だったが、空模様がきわめて悪く、星が見えないうえに山にも雲がかかってしまっている。これでは期待薄、標高差1,000m近くある夜行登山をしても見えない可能性が高い。登山のリスクを考えると止めておいたほうが良さそうだと判断し、場所を本栖湖のほとりから登る中之倉展望台に変更した。この場所でも薄明の頃に富士山の左裾から昇って来る月が見られるはずだ。

     未明3時に本栖湖のほとりに到着し、3時半に展望台に到着した。頭上から北側にかけては星がきらきらと輝いて見えているが、残念ながら肝心の富士山には大きな暗い雲がかかってしまっている。天の川と富士山の位置がいちばん良くなるのは未明5時前後、まだ時間はある。2台のカメラをセットして撮影しながらモニターで富士山の様子を確認しながら時を待つ。


        未明3時45分の富士山。暗い雲に隠されており、右側にはさそり座が頭を持ち上げている。


        同じ頃の本栖湖。
        

        4時50分ごろ、天の川が立ち昇って来たが、富士山は姿を現さず。  


        5時10分ごろ、天の川が空を斜めに横切り、富士山が見えていれば絶妙な角度の時間。薄明の青い空も少し始まっている。


        もう1台のカメラで広角レンズで捉えた天の川。偶然流星が写り込んでくれた。富士山が見えていれば絶妙のショットだったが、残念。


        薄明が進み、天の川もだいぶ立ち上がって来た。もう少しで富士山が見えそうだが・・・。


        もはや天の川の輝きは写らないほどに明るくなってしまった。月が昇って来ているはずだが、見えず。


        ようやく富士山の山頂が姿を現したのはもう天の川が消えて星の輝きも消えそうな頃だった。


        同上。


        日の出の頃には富士山が見えるかと期待したが、その後は再び雲に巻かれてしまった。

     富士山がわずかに姿を現した頃にはもう天の川の輝きは消えてしまった頃だった。タイムラプス撮影してつなぎ合わせて動画にするつもりだったが、残念ながら失敗に終わる。細い月と天の川が撮影できる好条件の時期は2月と3月の明け方がベストで、それ以外の季節だと月と天の川の位置関係が悪かったり、月が明る過ぎたりしてうまく撮影出来ない。3月下旬に再チャンスがありもう一度チャレンジしてみたい。天候に恵まれることを期待する。

    0 0

     中之倉展望台から本栖湖湖畔の駐車場に下山すると、みちほさんご夫妻が待機していた。本日の天の川撮影にお誘いしたのだが天候が悪くて富士山が見えず、駐車場界隈から撮影していたそうだ。これからるたんさんと合流してミスミソウを見に行くとのことで同行させていただいた。山梨県で知られているミスミソウの自生地は2カ所あり、今回訪れたのは甲斐岩間駅の近傍にある山である。若干早いだろうと思っていたのだが、開花している株も多数あった。


        もう咲いていました。ミスミソウ。


        盛期ではないので、ちらほら咲いているといったところ。


        白い清楚な花。


        12弁の花しか見つからず。


        まだ大部分が蕾。

     他の斜面も少し探してみたが、咲いているのはこの斜面だけで、他のところは葉っぱも見つけられず、少し湿った斜面を好むように見受けられる。見ごろは1~2週間後だと思う。

    0 0

     この日は月齢1.5の地球照の月が観察できる日だった。近くには金星が輝き、さらにその上には火星が輝いている賑やかな夕空が楽しめるはずだった。しかし空模様はあいにくの曇り空、しかも甲府盆地から見る南アルプスは雲がかかっていて山頂が見えない。しかし南アルプスに月が沈む時間は日没から1時間ほど時間が過ぎた午後6時40分ごろだ。甲斐駒ケ岳山頂に月が沈む位置をカシミール3Dで計算し、北杜市明野のひまわり畑あたりでカメラを構える。準備が終わった午後6時過ぎ、予告をしておいたるたんさんが合流して2人で月が沈むのを待つ。しかし、この真っ黒な雲の中で甲斐駒ケ岳山頂は姿を現してくれるのか?日没を過ぎて空気が冷え込んでくる時間帯なので、一瞬だけでも山頂が姿を現してくれるのを期待して待つことにする。


        姿を現した月齢1.5の月。しかし甲斐駒ケ岳は完全に雲の中。


        雲間に姿を現した月齢1.5の地球照の月


        一旦雲に隠れた月だが、雲の隙間から再び姿を現す。甲斐駒ケ岳の裾野も見え始めた。


        夕闇の中、さらに輝きを増した地球照の月


        わずかに月が見えるが・・・


        甲斐駒ケ岳の裾野は見えていたが、肝心の時間に山頂は姿を現さず。あと少しだったが及ばず、残念ながら敗退。

     日没を過ぎて冷え込んでくると、低いところには霞が出始めてしまった。明日から3月、春霞が増えて写真撮影は難しい時期に突入してしまう。それでも懲りずにこのようなチャレンジは続けて行きたいと思う。    

    0 0

     当初の予定では週末を利用して3月4日に夕暮れの大山を訪れて山頂で夜10時ごろまで粘るはずだった。しかし、3月5日の朝から止むごと無き行事が入ってしまい、3日の午後から強行して夕暮れの大山を訪れることとなった。大山山頂からダイヤモンド富士を狙うにはこの日のほうが良いのだが、問題なのは仕事を終わらせてから甲府を出発して、最短のヤビツ峠から登って夕方5時20分のダイヤモンド富士に間に合うかどうかということだ。時間的に最も早いのは中央道から圏央道を通って高尾山経由で秦野まで行くルートだろうが、距離が長くなるので藤野で下りて津久井経由で山道をヤビツ峠まで行くルートを使うことにした。12時20分に甲府を出発、午後3時前にヤビツ峠に到着でき、3時20分に登り始める。甲府を出発する頃は空が晴れていたが、大月を過ぎたあたりから雲が増え始め、ヤビツ峠では空は雲に覆われていた。しかしライブカメラを見る限りでは、山中湖、本栖湖とも富士山は見えている。


        途中から見下ろす秦野市の空は雲におおわれている。しかし、登るにつれて次第に青空が広がって来た。


        雪はほとんど解けており、アイゼンは使用せず。


        富士山が見えるところまで登って来た。空は大部分が青空になったが、富士山はあの黒い雲の中。ダイヤまであと40分。


        5時山頂の展望台到着。若者が一人いたが、雲を見てダイヤを待たずして下山していった。その後は私一人だけ。


        雲間から夕陽が漏れる。しかし富士山は・・・間もなくダイヤモンド富士の時間を迎える。


        黒い雲が富士山の山頂を覆ってしまった。漏れ出る夕陽が分かれているところを見ると、もう太陽は山頂にかかっているのだろう。


        わずかに山頂の白山岳が見えている。


        ズームをかけてみると、白山岳の裏側に夕陽が沈む真っ只中。


        残念。もう夕陽は富士山の裏側に沈んでしまった。


        そのわずか10分後、黒い雲が流れ去り、富士山の山頂が姿を現した。

     ほんの10分の差で雲が去らず、大山のダイヤモンド富士は逃してしまった。しかし、あと少し早く天候が回復していたならば、雲の間に挟まれた劇的なダイヤモンド富士を切り抜くことが出来たであろう。またチャレンジしたい。

     しかし、この日はこれだけが目的では無い。大山の山頂は富士山と反対側に素晴らしい夜景が広がると聞いている。ふと反対側を見ると綺麗なアースシャドウが広がっていた。三脚を担いで反対側に移動する。


        灯り始めた町灯りとアースシャドウの空


        山頂のブナ大木。ここに移動した頃にはアースシャドウは消えかけてしまっていた。


        美しい神奈川の町灯り。


        山頂から見下ろす夜景。


        ブナの大木越しに見下ろす町灯り

     富士山側を見ると金星が明るく輝いていた。すっかり雲が晴れて空には星と月が輝いている。再び富士山の展望地に移動する。


        夕暮れの富士山と金星。金星が明る過ぎるのであまり存在感が出ていないが、金星の左上、富士山のほぼ真上に輝いているのが火星。


        月・火星・金星が輝く夕暮れ


        夕暮れの富士山。少し霞が出てきてしまった。


        富士山と金星。月明かりが意外と明るく、雪の登山道がはっきりと映る。

     頭上にはオリオン座と冬の大三角形が高く昇り、そろそろ南中する頃だ。この高度ならば、きっと相模湾の上に輝くあの星が見えるはずだ。再び反対側の夜景が見える場所に移動する。人の声が聞こえると思ったら、山頂直下で夜景をタイムラプス撮影している2人組が熱心に撮影を行っていた。ヘッドライトで邪魔しないように、注意を払いながらカメラをセットする。


        それにしても美しい神奈川の夜景。四方を山に囲まれた甲府盆地の夜景とは全く違う味わいがある。


        中央上に輝くのがおおいぬ座のシリウス。肉眼では低空の霞と町灯りに阻まれて見えなかったが、写真に撮ると写っている。


        相模湾の上に輝くカノープス。霞が無ければ、町灯りに邪魔されても肉眼で確認できたはずだ。カノープスはシリウスに次いで2番目に明るい恒星だ。

     時刻は午後8時を過ぎた。予定では富士山にオリオン座と冬の大三角形が傾く10時ごろまで粘るはずだったが、霞が増えて富士山は明瞭では無くなってきてしまった。本日はここまでで撤退することにする。


        下山途中の展望地から見る月と富士山。霞が増えて富士山は明瞭では無くなってしまっている。

     登りの時には雪が解けてドロドロだった登山道だが、下りでは適度に凍りついてくれてむしろ歩き易くなっていた。明瞭な道なので迷うことは無いが、浮石やスリップに気をつけながらゆっくりと下り、9時半にヤビツ峠駐車場に到着した。

     失敗に終わった大山のダイヤモンド富士は秋か、来年にまたリベンジしたいと思うが、出来れば混雑する秋よりも人の少ないこの季節に狙ってみたい。また、これだけの素晴らしい夜景が見られるのであれば、神奈川県の最高峰蛭ヶ岳の夜景はどんな風に見えるのか、興味が湧いてきた。いつか蛭ヶ岳山頂の山小屋に泊まって景色を楽しんでみたい。もちろん星空も、である。  




    0 0

     甲府から急いでヤビツ峠まで移動して大山に登ったため、コンビニに立ち寄る時間も無く食料はパン1個とチョコレート1枚しか持っていなかった。大山から午後9時半に下山してきたが、まずは食事、と秦野市街に移動することにした。ヤビツ峠のクネクネ道はドリフトを楽しむ族が多いと聞いていたのだが、途中でパオパオ~とクラクションを鳴らす7~8台の車が列を成してヤビツ峠に登って行くのとすれ違った。しかし、暴走族とはちょっと違うようで、この車の列は意外と礼儀正しく、スピードを出しているわけでもなく道を譲った車に手を挙げて挨拶していた。

     さて、秦野市街に下りる途中に展望台があるのは前回訪れた時に確認してあったが、立ち寄るのは今回が初めてだ。30台ほどの駐車場は7~8割駐車されており、夜景を楽しむ若者が多く訪れていたが、中には星空の撮影を行っている人の姿も見受けられた。ここから見下ろす秦野市の夜景も素晴らしい。


        菜の花台から見下ろす夜景。


        東の空からは木星が昇って来た。その右下に輝くのはおとめ座のスピカ。

     駐車場の奥には展望台があった。ひとまず昇ってみて景色を確認すると、ちょうど月が沈んで行くところだった。オリオン座と冬の大三角形も西の空に傾き始めている。おそらくこの位置ならば富士山も見えるはずだ。カメラを取りに車に戻り、防寒対策も行ってオリオン座が水平線に沈みかける頃まで、1時間ほど粘ってみるつもりで機材を持ち込む。空腹はとりあえずあめ玉で辛抱する。


        菜の花台の展望台に輝くオリオン座と冬の大三角形。


        オリオン座が西の空に傾く。しかし、富士山はいずこへ??

     初めて訪れる場所なので、富士山が写らなかったことからここからは見えないのだろうと思ったが、帰って来てからカシミール3Dで調べてみるとあの白い雲の中に隠れてしまっていたようだ。あと30分も待っていれば富士山に傾いたオリオン座と冬の大三角形が見られたのであろうが、肝心の富士山が見えないのでは絵にならない。あきらめてさっさと撤退することにした。空気が澄んで富士山が見える時に、機会があれば再挑戦だ。    

    0 0

     秦野市の弘法山公園と権現山は秦野市の街並みの向こうに富士山が見える景勝地として知られており一度訪れてみたいと思っていた。















     美しい夕暮れと美しい夜景だったが、狙った彗星は全く写らず。(詳細は後日)


older | 1 | .... | 29 | 30 | (Page 31) | 32 | 33 | .... | 52 | newer