Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。
    0 0

     朝霧高原で見た月と金星は富士山から離れてしまった。夜明けの空で富士山の上に輝く月と金星を撮影するため本栖湖に移動する。トンネル手前の展望台は混雑するであろうから、今回は本栖湖を廻る道路の途中から湖畔に下りることにする。ヘッドライト点灯して湖畔に下降を試みるが下りる場所を間違えて回り込むことになってしまい、茨の藪に突っ込んでしまう。新年早々に本栖湖の湖畔で藪漕ぎである。


        富士山頂に昇る月。この撮影だと金星は月の明かりに負けて見えなくなってしまう。


        同上。富士山の左に昇っているのは木星。


        水平線が明るんで来た。


        夜明けの明かりに月明かりが消え出すと金星も見えてくる。


        薄明の月と金星


        同上


        もうすぐ消えそうな月と金星


        日の出が近付く


        湖面には朝もやが湧き立つ。


        日の出


        同上


        レンズが結露し奇怪な光が出る。これも有りか?


        朝もや燃える


        同上

     いちばんのお目当ては富士山頂に昇った月と金星だったのだが、湖面に朝もやが湧き上ったために想定外の幻想的な景色となってくれた。高下をはじめとして年末から思うような写真が撮れなかったが、朝もやに朝日が差し込んで湖面が燃えるような景色になってくれて、ようやくそれなりの写真が撮れたように思う。

    0 0

     昨年は元日に訪れた竜ヶ岳だが、今年は混雑を避けてこの日に登ることにした。もちろん剣ヶ峰で割れるダイヤモンド富士も狙ってはいるのだが、もうひとつ、この日は金星と木星の間に細い月が輝くという注目の天体現象が起こる日でもあった。それなりの混雑が予想されるので早めに歩き始める予定だったのだが、目覚まし時計を止めてから2度寝してしまい気がつけばもう4時になっていた。急いで出かけるが登り始めは5時15分になってしまい、これではいつもと変わらない。しかも、本栖湖のキャンプ場を通り抜けたあたりで気付いたのだが、GPSを車の中に置き忘れてきてしまった。もはや取りに戻る時間は無く、剣ヶ峰で割れるダイヤモンド富士は諦めることになる。おおよその場所はわかっているが、幅約5mの範囲内に正確にカメラを構えないと撮影は難しい割れるダイヤモンド富士は、適当にこのあたりからと撮影しても撮れるものでは無い。本日は焦らずにゆっくり登って適当な場所でダイヤを撮ることにする。


        金星と月と木星が輝く富士山。休憩ベンチから。


        夜明けの空に輝く月と金星・木星


        夜明けの地球照の月


        もうすぐ消えそうな月の輝き。東屋から。

     東屋のあたりからダイヤモンド富士が撮れるはずだが、おそらくこの位置だと左に寄るはずだ。もう少し上へ、しかし山頂まで行くには時間が足りなそうである。出来るだけ上まで行って時刻が7時半に近くなったところでカメラを構えることにする。途中で三脚を構えている人に聞いたところ、昨日もう少し上から狙ったら右に寄ったので今日はこの位置から狙うと言っていた。ならばその近くで良いのか?もっと上だと思うのだが??と思いつつも時刻は7時20分となり眺望の良い場所でカメラ2台を構える。


        裾野まで見渡せるこのあたりで、とカメラを構える。


        構図的にはいまいちだが、フレアを避けるために山頂を視野のど真中に持って来る。ずいぶんと左側が輝いている。


        もう1台は割れるダイヤ用のボーグ200㎜レンズ。雪煙が出ているが山頂の上にうっすらと笠雲のような雲が出ている。


        これは完全に左寄り。


        想定外に左からの日の出となった。


        それでも、それなりに美しい竜ヶ岳のダイヤモンド富士。


        もう1台のカメラ。


        トリーミングすれば・・・それなりのダイヤモンド富士。

     位置は大きく外したがそれでも天候に恵まれてそれなりのダイヤを見ることが出来た。器械に頼りっきりの撮影をしているので、GPSが無ければこんなものである。本日はこれで十分に満足である。


        花見隊御用達の笹の中の展望台はすっかり笹薮になってしまっていた。


        山頂に立ち寄る。それなりに人が居たが続々と下山して行った。


        南アルプスと八ヶ岳には雲がかかって来ていた。

     例年ならば凍えるほどに寒い新年の竜ヶ岳だが、冬型の気圧配置で寒くなったとはいえそれほど寒さを感じない。登山道は凍っているものの雪は全く無くアイゼンも今のところ不要である。これも温暖化の影響なのだろうか?

     今シーズンは高下に続いてこの竜ヶ岳も満足な割れるダイヤを撮影することなくシーズンを終えてしまう。とりあえずは昨年12月24日に訪問した際に割れるダイヤの軌道は正確であることが確認されたので、次のシーズンに期待したいと思う。

    0 0

     過去に何度か狙ったことがある四分儀座流星群であるが、ペルセウス、ふたご座と並ぶ三大流星群に数えられているもののあまり流れたのを見たことが無く撮影したカットも少ない。調べてみると四分儀座流星群を発生させる宇宙の塵は分布が地球の軌道とほぼ垂直に交差しているらしく、短時間で活動が終わってしまうらしい。今年の四分儀座流星群のピークは1月4日の午前11時ごろである。狙うならば1月4日の明け方4時ごろからが良さそうである。かつ、金星と木星が輝いている空に5時半ごろには細い月が昇って来るという天体現象も加わる。これだけでも十分に良い景色であるがそれに四分儀座流星群が加われば・・・期待に胸ふくらませて前日の夕方に精進湖湖畔に車で乗り付け車中泊する。1月4日は仕事始めなので寝ておかないと翌日の仕事に支障が出てしまう。この夜は撮影も然ることながらいかに寝るかも重要な課題である。


        富士山頂に輝くシリウスと四分儀座流星群。前夜寝る前に仕掛けたカメラで撮影したもの。850カット撮影してまともに写ったのはこの1カットのみ。


        未明からの放射点追尾撮影のために簡易赤道儀をセットしておく。ついでにウィルタネン彗星を撮影する。現在5等の明るさ。60秒×9枚をコンポジット。

     1時間ほど撮影を行って1台のカメラはインターバル撮影を行ったまま車の中で寝る。なかなか寝付けず9時過ぎにようやく眠りについたが熟睡できずしばしば目が覚めてしまう。目覚まし時計は未明2時半にかけておいたが2時前に目が覚めてしまい、そのまま起きて撮影を開始する。


        赤道儀に乗せて北斗七星と北極星のあたりを追尾撮影。約2時間追尾したが写った流星は3個のみ(1個は人工衛星か?)。流星雨になるはずだったが全く期待外れ。


        金星が昇って来た。拡散フィルターを使うと明るい金星は不自然に大きく写り過ぎる。


        それっぽいのが写ったが残念ながらこれは人工衛星。


        拡散フィルターを外して撮影。しかし、こちらのレンズは微妙に全てピンボケだった。


        もう1台のカメラ。小さいが今度は本物の四分儀座流星群。


        富士山右上を流れた流星。広角レンズだとさらに小さく見える。


        これもそれっぽく見えるがおそらく人工衛星。


        何故ならば次のカットにもその続きが写っている。このように、時として流星のように部分的に輝く人工衛星がある。


        比較的大きな流星。この流星は肉眼でも確認した。金星、木星、さらに月が昇り、狙っていたのはこんなカット。


        もう1台のカメラもしっかりとこの流星を捉えたが残念なことにピンボケ。さらに月を追尾していた3台目のカメラもピンボケ。


        薄明の富士に輝く金星、木星、細月。十分に良い情景だったがこのカットは流星を意識し過ぎて湖面に映る富士山頂が切れてしまっている失敗作。


        こんな感じで撮ったほうが絵になったと思う。


        地球照の月


        日の出を迎える。これを見て速攻で撤退し出勤。

     3台セットしたカメラで実に2,700カットも撮影し、写った流星は10個ほどだった。自分の目で見た流星も3個ほど、いちばん大きかった流星は頭の上を流れ、カメラの視角の外だった。ふたご座流星群に比べて四分儀座流星群がいかに飛ばず、効率が悪いかということがわかる。しかし、流星の撮影とは運試しのようなもので、狙った構図の中を1個でも飛んでくれればバンザイである。月と金星と木星が昇ったところを流れた流星は狙い通りの今回のベストショットと言える。しかし3台のカメラのうち2台がピンボケとは大失態である。1台はレンズのネジが緩んでガタついているところを自分で締め直したのだが、周辺収差が大きくなっており光軸がズレた可能性もある。

    0 0

     月齢28を超える細い月は過去に何度か撮影に挑戦しているが、富士山の上にこの極細の月を出そうとしても夜明けの空に負けてしまい撮影は困難だった。撮るには撮ったがいずれも富士山の山腹に出た月である。今回は距離を離して富士川町の林道の上にある伐採地からこの極細月を狙ってみた。しかも今までに無く細い月齢28.8という月である。予想では日の出の約30分前に富士山頂に姿を現すはずである。十分に撮れるだろうと思うのだが・・・。


        先日下見をしておいた富士川町林道沿いの伐採地から見る富士山。残念ながら山頂に雲が巻いてしまった。


        同上。


        肉眼では全く見えなかったが・・・


        ブログの画像でも良く見えていないが・・・


        400㎜望遠レンズ。雲を抜けて右端に・・・


        極細の月が写っている。


        トリーミング画像

     この日は富士山の山頂に雲がまいてしまったことと、薄くもやがかかっていて空気の透明度が悪かった。かつ、この雲の厚みを抜け出てきた月は実際に富士山頂に月が現われてから5分を経過している。この時間の5分というのは空の明るさにかなりの差が出る長さである。おそらく条件が良ければ、富士山の山頂でひっそりと輝く極細の月が撮影出来たのではないかと思っている。なかなかうまく行かない難しい撮影ではあるが、可能性は十分にあると確信した。

     この日は天候さえ恵まれれば同じ場所から剣ヶ峰で割れるダイヤモンド富士も狙える日だった。しかしこの雲では困難なので伐採地の出来るだけ左に寄って雲を抜け出てくる朝日を出来るだけ中央に寄せようと試みる。


        裾野と雲が赤く染まる。


        光のストライプが出る。


        同上


        朝日が現われたのは想定していたよりも右だった。


        思っていたよりも富士山頂にかかった雲は厚みがあるようだ。


        ダイヤモンド富士とは言い難いが・・・


        それなりに楽しめた雲上に昇る朝日


        この場所からはまだ真ん中から出るダイヤの撮影は可能だが、剣ヶ峰から昇るダイヤはこの日で終わりである。

     富士川町林道からの剣ヶ峰で割れるダイヤは次のシーズンに持ち越しとなってしまった。今期の割れるダイヤは満足の行くものはほとんど撮れずに終わってしまいそうである。昨シーズンが良過ぎたのであろう。


        別の場所にちょっと立ち寄る。


        林道の途中から見る笠雲が彩雲になっているように見えたのだが・・・わずかに染まっているのみ。

     また挑戦。

    0 0

     今年は1月6日と12月26日の2回部分日食を見ることが出来る。1月6日の部分日食は北に行くほど欠ける面積が大きく12月26日は逆に南に行くほど欠け、シンガポール、グアムまで行くと金環日食が見られる。今回の部分日食は東京での最大食分が0.42(直系の42%まで隠れる)、面積にして約30%が欠ける。欠ける面積が少ないので空は暗くはならないが観察するのには面白く、かつ将来撮影に出かけるであろう日食撮影の良い練習になる。予定では富士山を入れた構図での撮影だったのだが夜が明ければ富士山は完全に雲の中、富士山に近付くほど雲が多くて観察条件が悪い。前景になる良いものがある場所を考えて甲府駅界隈と舞鶴城公園で撮影することにする。1台のカメラは簡易赤道儀に400㎜望遠レンズをセットして太陽を追尾するのだが、そもそも日中なので北極星が見えず極軸が合わせられない。アストロレーサーという簡易装置を使うのだが正確に軸を合わせるのは困難なので太陽の位置がずれるのは必須だが、それでもカメラに付きっきりで視野を合わせて撮影するよりは遥かに手間が省ける。もう1台は完全に固定して日食の行程を撮影する予定だが、これは雲が多くてほぼ絶望的だ。もう1台は適当にあちらこちらを撮影して歩くという、今回も3台のカメラを駆使しての撮影を行う。


        400㎜望遠レンズ。雲が切れて太陽が現れた頃にはもう太陽が欠けていた。


        最大食の10時10分ごろ。雲の切れ間からなんとか見えた。


        想定はしていたが太陽の位置が次第に視野の下に移動。そのまま放置してあちらこちらで撮影していたらこの後は視野の外に出てしまっていた。


        位置を直した頃にはもう日食が終わりかけていた。全行程の撮影は出来なかった。


        固定撮影していたカメラは露出が合わずほとんど欠けた太陽が写っていなかった。しかも、天守閣の上を越えるはずだった太陽が天守閣の屋根に隠れてしまうという位置のミスもあり。


        雲に隠されて見えた部分日食の太陽


        上の2枚を合成するとそれなりの画像が出来上がった。


        別のカメラ。天守閣の屋根をズーム。


        城壁と部分日食の太陽。可変式NDフィルターで光量調整しながら撮影したが太陽と景色の両方に光量を合わせるのはほぼ困難だった。


        甲州夢小路にある古風な建物と部分日食


        建物を撮ると光が拡散してしまう。


        日食に合わせると建物は全く写らず。これだけ光量の差があると合成も難しい。


        城壁と日食の太陽


        同じく日食の太陽。もうすぐ終わりそうだ。


        もうすぐ終わりそうな部分日食


        トリーミング


        このカットを最後に部分日食は終わりを告げる。

     30%欠けた程度の太陽だと明る過ぎるために景色と一緒に1カットで撮るのは困難である。むしろ雲が出てくれたおかげで撮影出来たと言っても良いかも知れない。可変式NDフィルターは使い始めの時はうまく使えなかったが後半になってからようやく要領がわかってきた。雲が無ければ画像の合成は難しく無いかも知れないが雲があると形や光り方がそれぞれ違うためなかなか合成するのは難しいように思う。簡易赤道儀の極軸修正の方法も撮影を終えてから方法が分かってきた。画像自体は満足なものが撮れなかったが、次回に向けて大きな収穫があったと思う。

    0 0

     以前から狙っていた石老山のキャッツアイだが日程的な問題と微妙に位置がずれることがあってなかなか行けずにいた。この日は午後から時間が空き、さらには朝は雲が少し巻いていた富士山もお昼近くにはすっかり晴れて今までに無いスッキリとした姿を見せている。石老山から見るダイヤモンド富士は午後4時20分ごろのはず、山頂まで2時間と見て午後2時にスタートすれば間に合うはずだ。中央道を使って登山口の相模湖病院駐車場に1時45分に到着し、2時を少し過ぎた頃から歩き出す。上にある顕鏡寺まで参道があると思っていたのだが・・・いきなりルートを間違えたようでずいぶん細い道だなと思っていたら途中で道が消失、強引に突き進むと車道に飛び出した。GPSで位置を確認すると顕鏡寺に至る途中の車道だった。これを歩いてお寺に至り、石老山登山道に進んだ。


        相模湖病院駐車場。病院の駐車場内に登山者用の駐車場が7~8台確保されている。


        いきなり道を間違えた(半分は故意)が無事に顕鏡寺に到着。ここから石老山登山道に入る。


        小天狗岩


        吉野岩(弁慶の力試し岩)


        擁護岩(雷電岩)。登山道沿いには奇岩がたくさん散在している。


        八方岩と高塚山(石老山の東にある山)


        シュンラン?


        もう花芽が出始めている。

     道を間違えたうえに奇岩の撮影に時間がかかり、時計を見ればもう午後3時である。まだ行程の半分も来ていない。少し急がないとカメラのセッティングの時間が足りなくなってしまう。三脚を担いだまま道を急ぐが展望地があるとついつい立ち寄ってしまう。なんとか4時5分に山頂に到着した。


        休憩ベンチのある融合平見晴台。


        相模湖が見える。


        石老山山頂(ダイヤが終わった後に撮影したもの)。


        カメラ2台のセットが終わった頃にはもう太陽が富士山の山頂に近付いていた。


        もう1台はボーグ400㎜。

     カシミール3Dの計算では本日のダイヤモンドは約2~3割が沈んだあたりで富士山山頂真ん中にかかるはずだ。そして山頂から右に30mくらいの場所でキャッツアイになるはずだが山頂の展望地からだとギリギリ割れるかどうかの位置になるはずだ。右寄りの展望地を探してみたが残念ながら木に邪魔されて良い展望は得られず山頂から狙うことになる。先客が2人居たがカメラマンでは無くダイヤを眺めに来られた方だった。許可をいただいて一番良さそうな場所にカメラを構えさせていただいた。


        富士山山頂にかかる夕陽


        計算通りの約3割が山頂に隠れる。


        白山岳に夕陽が傾く。


        キャッツアイなるか?


        残念。わずかに左に沈んだ。


        少しは割れてくれるだろうと思っていたのだがなかなかうまく行かない。

     やはりこの日にこの位置からのキャッツアイはわずかな位置のずれで難しかった。しかしこれほど好条件でこの距離からのダイヤモンド富士が見られることは滅多に無いわけで、それなりに素晴らしい景色を見られたことは良かったと言うべきだろう。

     陽が沈むと急に寒くなってきた。先客の2人はダイヤを見てすぐに下山して行ったが私はもう少し夕暮れを待つことにする。


        ちょっと周囲を散策。地図上だと隣に小ピークがあるように見えるのだが、その場所には三角点が置かれていた。残念ながらこの場所は眺望無し。


        待っていたのは月齢3の三日月。


        夕空に輝く三日月


        地球照の三日月


        暗くなって地球照の月が写りにくくなったところで撤退。

     5時50分まで山頂で月を眺めて下山した。下山時は中腹で分かれる桜道ルートを下り、夜景を眺めてから下山した。


        桜山展望台。


        さがみ湖リゾートプレジャーフォレストの観覧車。


        東京都の町灯り。真ん中が新宿高層ピル街だと思う。

     顕鏡寺からは登りに予定していた参道を下った。この参道もいろいろと奇岩があったり小滝があったりと面白い道のようだったが真っ暗な中を下ったのでほとんど何も見えず。抜け出たところは病院の脇、駐車場の一段下のところだった。7時10分に無事下山した。

     石老山は道の整備されたハイキングコースと聞いていたがところどころ段差が大きかったり木の根が張り出していたりと、ルート的には竜ヶ岳よりは歩きにくいように思う。夜中に歩こうというのならばあまりナメてかからないほうが良いのではないだろうか。キャッツアイ成らずとも抜群のダイヤモンド富士を眺めることが出来た。

    0 0

     何度か成功している農道公園から二十曲峠、石割山にかけてのキャッツアイだが、雲に阻まれたり霞で光が拡散してしまったりと満足な画像はととんど撮れていない。午後からのキャッツアイは雲が広がり易くなかなか良い条件にはならないのが最大の難点である。この日は朝は雲が広がっていたものの、午後からは真っ青な青空が広がり絶好のダイヤモンド日和となった。二十曲峠でキャッツアイになるのは既に調べてあったので急いで出かける。先客は2人で予定のポジションは楽勝で確保でき、3台のカメラをセットする。


        太陽が富士山頂に迫る。


        改造絞りを入れたBorg200mmだが、シャッタースピード最速の1/4000で切っても明る過ぎる。このレンズに装着するNDフィルターは持っておらず今後検討が必要。


        さらにもう1台のBorg300mm。こちらも光が強過ぎるのでNDフィルターの代わりにPLフィルターで減光する。


        二十曲峠のダイヤモンド富士。今までに無い好条件だ。太陽の光が強過ぎて拡散してしまうためNDフィルターを装着した。


        白山岳に太陽が迫る


        同じく200㎜


        同じく300㎜


        ど真中のキャッツアイ撮影に成功。


        ほんの数秒で終わる。


        300㎜。減光したほうが太陽の形は良く見える。


        今度こそ綺麗に分かれた。


        あっという間に終わり。

     良さそうな雲が流れて来たので彩雲にならないかと期待しながら眺めていたのだが・・・彩雲にはならず、西の空に出た雲で太陽が遮られたためにあまり焼けることなく日没を迎えてしまう。


        富士山頂付近に雲が流れて来た。


        彩雲を期待したが染まらず。


        夕焼けの雲もあまり染まらずに暗くなる。

     何度も通っている二十曲峠、石割山界隈のキャッツアイだが、今回がいちばん良い条件で撮影出来たと思う。しかし難点は富士山との距離が近く、猫の目が小さいことである。山上から狙うのならばやはり丹沢山系がベストだろうと思っているのだが、南側に回り込んでしまうと今度は白山岳が後ろ側に隠れてしまうために撮影が難しくなってしまう。撮れるのは3月3日の大山までだろうと思っている。週末に日程が当たってくれて天候が許すならば、丹沢山系からのキャッツアイに挑戦したいと思っている。

    0 0

     一昨日から本日にかけて夜明けの空で国際宇宙ステーションISSを観察するのに良い日だった。特に接近している金星・木星の近くをISSが通過して行くためそれなりに良い構図になる。比較的天候の良かったのが1月12日だったが、未明に起きて富士山ライブカメラを見てあきらめて寝直したところ、その後天候が回復した。昨日は雲で不可。そして本日も早朝3時に起きて富士山ライブカメラを見てみると雲が巻いている。しかし天気予報と雲画像の様子から見て回復してくる可能性が高い。準備して朝霧高原に向かう。


        本日の撮影地は朝霧高原県境付近。上空にはまだ雲が多いが富士山は姿を現した。この場所は電柱の明かりが明る過ぎるため場所を移動する。


        雲間から金星が姿を現した。


        さらに富士山の右上に木星が姿を現す。そろそろISSが舞って来る頃だ。


        ほぼ真上から姿を現したISS


        肉眼でもしっかりと確認した。


        金星の脇を通り過ぎるISS


        14㎜レンズ、12コマを比較明合成


        17㎜レンズ、10コマを比較明合成


        金星と木星が輝く富士山。14㎜単焦点ニューレンズの試し撮りも兼ねたが、Canon純正では無いが想定していた以上に写りが良い。


        14㎜をステライメージでコンポジット


        17㎜画像をステライメージで比較明コンポジット

     前日ならば別の場所から富士山を越えるISSが撮れるはずだったのだがなかなか天候に恵まれない。機会はこれからいくらでもあるので、良い星と良い構図が得られる時にまた挑戦してみたいと思う。愛用していた17‐55㎜ f2.8 のレンズがガタつくようになり周辺の収差が大きくなってしまった。既に3度修理に出しており使い方が荒いうえに山に持って行ってしばしばぶつけている。故障しても止む無しといったところだろう。明るい単焦点レンズを探していたが純正のレンズは中古でも10万円以下のものは無く、ネットでいろいろ探していたところEosMシリーズに搭載できるMレンズが見つかった。最近売り出し中のSamyangというメーカーのものだが、想定していたよりも写りが良く周辺収差も少ない。何よりもEosM用なので小型で軽いところが良い。山の上の星空撮影に大いに活躍してくれそうである。

    0 0

     朝霧高原で金星と木星の脇を通り過ぎる国際宇宙ステーションISSを観察し、時刻はまだ午前5時半である。日の出まで時間はあるが竜ヶ岳のダイヤモンド富士には時間が足りない。朝霧高原からダイヤを狙うには単調過ぎる。ならばその中間点にある竜ヶ岳林道から狙ってみることにしよう。林道は年間閉鎖されていて車は入れないが、以前に何度か歩いていて展望地の下見は済ませてある。記憶が正しければこの時期ならば林道の奥のほうでダイヤモンド富士になっているはずだ。ゆっくり歩いても1時間くらいのはずである。林道ゲートの前に車を止めて出発する。


        木の切れ間から富士山が見える。その上には金星と木星が輝く。


        下に富士本栖リゾートの竜神池を見下ろす展望地。金星の輝きももうすぐ消えそうである。


        別の展望地。金星の輝きはほぼ消えた。


        ガードレールの切れ間、竜ヶ岳林道のいちばんの展望地に到着。たぶんこの辺でダイヤモンド富士になっているはず。

     展望地を確認しつつGPSのログを拾いながら1時間少々歩いて7時15分に目的地のガードレール切れ間の展望地に到着した。竜ヶ岳のダイヤが7時40分ごろだったはず、竜神池は8時ごろ、そうするとこの場所だと7時50分ごろにダイヤになるだろうと予想して2台のカメラをセットしてダイヤを待つ。


        真ん中よりも右寄りから出るのではないかと予想しているが??カシミールで確認していないので全くの予想である。


        ほぼ真ん中から出た。


        剣ヶ峰ばかり狙っていたので久しぶりに見る中央のダイヤモンド富士。


        しかし、上方向に光芒が出ず露出オーバー。若干霞も多かったようだ。


        シャッタースピードを速くして露出を変えてダイヤモンド富士。


        もう1台はダイヤモンド富士用の200㎜望遠。


        富士山真ん中の突起でもチカリと割れる。


        さらに3分割。


        もう少し位置を考えればもっとうまく3分割するかも知れない。

     富士山真ん中の突起で割れるダイヤモンド富士は身延山から撮影した際に偶然ひょうたん型のダイヤモンド富士が写っており、ひょっとしたら割れるのではないかと思っていた。今回も少しだけ割れたのは偶然であるが、緻密に位置を計算しさらに富士山中央にある隆起と2個の突起の方向を考えて撮影すれば、もう少しきっちりとした3分割ダイヤモンド富士の撮影が可能なのかも知れない。ちなみに左側にある雷岩で割れることはわかっているが、以前に挑戦して失敗しておりそのままになっている。、まだまだ面白いダイヤモンドが輝きそうである。


    0 0

     ステライメージというソフトで国際宇宙ステーションISSの軌道を正確に割り出し、富士山を貫いて飛ぶ位置を計算して撮影に出かける。甲府盆地の町灯りが眩しい白山山頂から町灯りに負けないくらいの明るさで飛んでくれるのかどうかは未知である。しかし、2等級くらいの明るさがあるISSならば写ってくれるはずだが?富士山頂付近をISSが通過して行くのは6時22分だ。5時半に白山山頂の八王子神社に3台のカメラを担ぎ上げセットする。


        夕暮れの甲府盆地と富士山


        今宵は月が富士山を照らしてくれる。


        まだ夕焼けが残っているがISSが飛んで来る頃には夕焼けの空は終わっている。


        富士山の右側、王岳の辺りからISSが現われた。


        比較明合成。想定していた通り剣ヶ峰を貫通してISSが通り過ぎて行った。富士山頂を通り過ぎた後にISSの輝きはフェードアウト。


        300㎜望遠で捉えた富士山剣ヶ峰を貫くISS

     もう1台70㎜望遠レンズをセットしてあったのだがこちらはシャッターボタンが作動しておらず連写に失敗し、残念ながらISSは写っていなかった。今回のISSは肉眼では見えなかったがカメラではきっちりと捉えることが出来るくらいに明るいことがわかる。夜景を入れても撮影は可能ということがわかる。